クイズ恐竜検定 上級

第1問

1933年、中国の内モンゴルで発見された大型で四足歩行の植物食恐竜は次のうちどれでしょう?

第2問

オルニトミムスとはどういう意味でしょう?

第3問

1818年世界で初めて地質学講座の教授に任命されたのは誰?

第4問

1996年、アフリカのモロッコで発見された体長7~8メートル、体重3.5~4トンの肉食恐竜の名前は次のうちどれでしょう?

第5問

白亜紀後期に生息していた海棲爬虫類で、名前の由来が”マース川のとかげ”と言われる生物は次のうちどれでしょう?

第6問

1927年、エジプトで、体長8~14メートル、高さが7メートル、体重が7~8トンの肉食恐竜の歯の化石が発見されました。その肉食恐竜の名前は次のうちどれでしょう?

第7問

「タルボサウルス」は中国語で何というでしょう?

第8問

ステゴサウルスの中国語名は?

第9問

琥珀は日本でも産出されます。何県が多いのでしょうか?

第10問

アパトサウルスの名前の意味は?